1 0
Read Time:27 Second

ワシントン:1959年以来、毎年(7月の第3週)、アメリカ大統領はソビエトと共産主義の帝国主義と抑圧を非難する占領された国の宣言を発表しています。宣言はその週間の直後に発行され、堅固な言葉が特徴です。

正式には公法86-90として知られている占領された国法には、占領された国法としてトルキスタン、チベット、満州、中国本土が含まれています。東トルキスタン亡命政府は、米国に対し、東トルキスタンを占領された国家として指定し、今年の布告で占領国として認めるよう求めています。

今年、占領された国週間は今年7月18日から24日まで開催される予定でした。しかし、ホワイトハウスはこの重要な年次宣言を放棄することを検討しています。東トルキスタン亡命政府は、ホワイトハウスに対し、歴史的かつ重要な「占領された国週間」の宣言を取り消さないよう求めています。

「私たちは、占領された国週間を記念し続けることによって、征服された国々と連帯するようホワイトハウスに要請します。ジョー・バイデン大統領に、東トルキスタンを占領された国家として正式に指定し、中国で進行中のウイグル人虐殺に対処するよう呼びかける」と東トルキスタン亡命政府のフダヤル首相は述べています。 

中華人民共和国とその共産党が成立した1949年12月、ウイグル人、カザフ人、キルギス人、ウズベク人、タタール人の土地としても知られている東トルキスタンを合併し、植民地化を始めました。

東トルキスタンは、面積が1,828,418平方キロメートルあり、いわゆる「新疆ウイグル自治区」および現在の甘粛省西部と青海省の一部の区域をも含まれています。

中国は、東トルキスタンを「新疆(新しいテリトリー)」と呼んでおり、これは東トルキスタンにとって非常に侮辱的な言葉です。東トルキスタンは、その独特の歴史を通して、中国とは別に、独特の、主権的、国家的、そして宗教的アイデンティティを維持してきました。中国の違法な占領期間を除けば、東トルキスタンは、独自の主権・政治及び領土を維持してきました。

現在は、東トルキスタンに1400以上の強制収容所と労働収容所が建設され、何百万人ものウイグル人と他トルコ系人々が収容され、抑圧的な状況下に置いています。状況は非常に厳しいため、米国政府、カナダ議会、英国、オランダ、ベルギー、チェコ共和国は、東トルキスタンのウイグル人に対する中国の行為を大量虐殺(ジェノサイド)と人道に対する罪と宣言し、認定または非難しています。

About Post Author

ETGovExile_Japan

主に中国占領下の東トルキスタン各トルコ系人々の代表として活動中の亡命政府からの公式情報及び日本独自のブログ等を投稿します。 転送・拡散・ご支援を宜しくお願い致します。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

By ETGovExile_Japan

主に中国占領下の東トルキスタン各トルコ系人々の代表として活動中の亡命政府からの公式情報及び日本独自のブログ等を投稿します。 転送・拡散・ご支援を宜しくお願い致します。