0 1分 1か月
0 0
Read Time:26 Second

プレスリリース– 東トルキスタン亡命政府の即時リリースについて contact@East-Turkistan.Net
2021年6月17日

ワシントン–昨日、 英国の法廷弁護士、カリム・カーンQCが、ハーグで国際刑事裁判所の主任検事に就任した 。カーン氏は、国際刑事裁判所のメンバーではない国のメンバー国で行った犯罪行為を裁くことを試みると約束した。 

亡命中の東トルキスタン政府(ETGE)は、国際刑事裁判所の新主任検事にカリム・カーンの就任を歓迎する。 

「私たちは、進行中のウイグル人大量虐殺に責任のある中国当局者を調査し起訴するために迅速に行動することを、彼に要請します」と東トルキスタン政府亡命政府ののグラム・オスマン・ヤグマ大統領は述べている。

先週、6月10日、東トルキスタン亡命政府と東トルキスタン国家覚醒運動の弁護士は、 虐殺と迫害から逃れるために他国逃亡したウイグル人を中国がどのように捕らえ、迫害し続けているかを証明する証拠書類をICCに提出した。。新証拠は、ローマ規程の締約国であるタジキスタンのウイグル人人口の85%から90%が中国政府の標的となり、中国占領下の東トルキスタン(新疆)に強制的に連れ戻されたことを示した。 

ウイグル人と他のトルコ系人々を代表して、東トルキスタン亡命政府と東トルキスタン国家覚醒運動は、2020年7月6日に最初に国際刑事裁判所(ICC)に正式な訴状を提出し中国当局責任者をジェノサイドやその他の人道に対する罪について調査し起訴するよう求めた。

2020年11月、ICCの訴状は、16か国から60人を超える国会議員によって支持されましたが、ICCの元検察官 ファゥベンスーダは、当時の管轄権を確立するのに十分な証拠がないと発表し 、2020年12月にさらなる証拠を要求していた。 

「ICC検察官に提出されたこの新証拠書類は、ICC締約国であるタジキスタンでの中国当局の行動を直接示していて、ICCが調査を開始する管轄権を持っていることは明らかです」と東トルキスタン亡命政府を代表として英国法廷弁護士ロドニーディクソンQCは述べている。「証拠は、ICC締約国に住むウイグル人を切り上げ、中国に強制送還し、その後消息が絶えている。これは、中国当局による高度に組織化された体系的な計画性を示しています」とディクソン氏は付け加えた。

東トルキスタン亡命政府と世界中のウイグル人は、国際刑事裁判所の新しい最高検察官であるカリム・カーンに、習近平国家主席を含む中国当局者に対し、進行中の東トルキスタンのウイグル人と他のトルコ人々に対する大量虐殺における彼らの役割について、迅速に行動し、調査を開始するよう求めている。

「世界は、中国のウイグル人虐殺を終わらせるために行動する必要があります。ICCの新検察官カリム・カーン氏が、彼らが管轄権を持ち、これらの犯罪を調査して起訴できることに認識していることを私たちは大いに期待しています。多くの政府や議会がこの進行中の大量虐殺をすでに認識していることを考えると、これまで以上に重要です」と東トルキスタン亡命政府のサリー・フダヤル首相は述べている。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です