東トルキスタン

このページはETNAMからGoogleで翻訳したものです

東トルキスタンという言葉は東トルキスタンの領土(タリム盆地、ジャングル盆地、桂水)  として知られる東トルキスタン全土を意味します。これには、1940年代に中国が併合したいわゆる「新疆」*ウイグル自治区と甘粛西部と青海省の現在の行政区域が含まれています。

*中国の植民地時代の「新疆」は「新界」または「新界」を意味し、東トルキスタンに関しては中国の職業勢力によって課された。侮辱的な中国の植民地用語は、東トルキスタンの人々によって非常に攻撃的で強く嫌われています。  東トルキスタンは歴史的に、中国とは別の国家的、文化的、宗教的な独特のアイデンティティーを維持しており、違法な中国占領期を除き、独立した主権的な政治的・領土的アイデンティティーを維持している。

東トルキスタンと周辺諸国
タリム盆地、ジュンガル盆地、昆水

土地面積:

タリム(Tarim)盆地、ジュンガル(Junggar)盆地、桂水を含む1,828,418平方キロメートルです。タリム盆地とジュンガル盆地からなる “Uyghur Autonomous Region”は、東トルキスタンの大部分を占め、1,664,845平方キロメートルで構成されています。1940年代に中国の甘粛省と青海省に編入された桂水は、163,573平方キロメートルに上る。テキサス州の約2.65倍、フランスの3倍、スーダン(ノース・スーダン)の規模に相当する。

政治状況:

占領された国(1949年12月20日以降)および国連代表のない。

管理:

東トルキスタンは、中国の統治下で、a)ウイグル自治区、b)スンビモンゴル自治区、アクサイカザフ自治区、敦煌市、甘粛省の貴州県、c)青海省のマグナイ行政区の西部に位置しています。

人口:

東トルキスタンの全トルコ人口は約3,500万人(ウイグル人は3,000万人を超え、残りはカザフ、キルギス、ウズベク、タタールなどの他のトルコ人である)。

主要河川:

(カザフスタンとロシアのイルティス)、イリ、コンチ(カイドゥ)、ウンギュール(モンギリアのブルガン)、カラカシュ、ヤルカンド(ザラフシャンとしても知られている)、マナスなどがあります。

ネイティブ野生動物:

カスピアンタイガー(現在絶滅)、ユーラシアリンゴ、スノーヒョウ、ユーラシアグレーオオカミ、セーブル、ウルヴァリン、プレツワルツキの馬、アルタイワイピティ、ヘラクサ、ヤクラクシ、中央アジア赤シカ、斎賀アンテロープ、マルコポーロヒツジ、ヤク、バクテリアラクダ、ユーラシアビーバー、ユーラシア赤リス、ジンジャンハムスター、ヤルカンハレル、ユーラシア水ボウル、ユーラシアンスプーンビル、中央アジアサラマンダー、ビッグヘッドシゾソラシン、レノック(アジアトラウト)。

経済:

農業、畜産業、軽工業、および貿易。

天然資源:

生物資源、石油、天然ガス、金、銀、石炭、ウラン、銅、ニッケル、鉛、亜鉛、アスベスト、シルビット、石灰石、宝石、 

識字率:

ネイティブTurkic(Uyghur、Kazakh、Kyrgyz)言語教育が禁止される前は90%。現在、約40%と推定されています。