. . .
Memet Eli Tewpiq(1901-1937)

このページはETNAMからGoogleで翻訳したものです

歴史的背景

東トルキスタンの国歌救いの月は、それは国家の公式国歌として歌わと宣言された1933年11月12日に東トルキスタンのトルコ・イスラム共和国の宣言では1933年にMemetイーライTewpiqによって書かれました。国歌とは、独立性、自由、世界の他の国々の中に独自の地位を持ち、自らの未来を支え、決定する国家の能力を意味する。

QUTULUSH MARSHI

Qutulush yolida sudek aqti biznig qanimiz,
Sen üchün ey yurtimiz bolsun pida bu janimiz.
Qan kichip hem jan birip akhir qurtuldurduq sini,
Qelbimizde qutquzushqa bar idi imanimiz.

Yar-u hem dem boldi biznig himmitimiz sen üçün,
Dunyani sorghan idi himmet bilen ejdadimiz.
Yurtumuz biz yüz-közigni qan bilen pakizliduq,
Emdi hich kirletmigeymiz chünki Türktur namimiz.

Attila, Chinggiz, Tömür Dünyani Titretken idi,
Jan birip shan alimiz biz ularning evladi biz.
Chiqti jan hem aqti qan düshmendin boldi el aman
Yashisun hich ölmisun parlansun istiqbalimiz!


救済の3月

私たちの血は、救いの道に水のように流れています。
私たちの故郷、あなたのために、私たちは人生を捧げます。
私たちはあなたのために私たちの血で死んで血をこぼしてあなたを救った、
私たちはあなたを解放するために私たちの心を信じていた

私たちの主は私たちの助けになり、私たちの努力はあなたのためです。
私たちの祖先は、かつては大いなる勤勉さで世界を支配していました。
ああ私たちの故郷、私たちはあなたの顔と目を血できれいにしました。
さて、私たちの名前はツルク(Türk)なので、敵があなたを破壊することはありません。

アッティラ、ジンギス、タメルレーンは、かつては世界を揺るがし、
私たちの命を捧げることによって名誉を得ることによって、私たちは彼らの子供です。
私たちの精神は私たちの体を残し、私たちの血は流れ、私たちは敵に報復し、
私たちの国は生き残り、滅びることはなく、私たちの未来は栄えます。

東トルキスタン国歌