. . .

中国政府の犯罪行為はジェノサイドなのか?!ジェノサイドの定義とは。

中国が東トルキスタン(所謂、新疆)でウイグル人及び他トルコ系人々に対し、ジェノサイド条約で定義されている以下の残虐行為を行っているとして、米国カナダオランダイギリスリトアニアの5か国は、中国政府の犯罪行為をウイグルジェノサイドと認定しました。

中国政府は、ジェノサイド条約に定義されているすべての犯罪行為をウイグル人に対し、現在も行っています!

ジェノサイドとは(Wikipediaより):

「国民的集団の絶滅を目指し、当該集団にとって必要不可欠な生活基盤の破壊を目的とする様々な行動を統括する計画」を指す言葉として(集団殺害)ジェノサイドが利用されていて、1945 年のニュルンベルク裁判の検察側最終論告において、「ジェノサイド」が初めて使用された。

ジェノサイド条約における定義(Wikipediaより)

国際連合で採択された(1948年)ジェノサイド条約(集団抹殺犯罪の防止及び処罰に関する条約、Genocide Convention)(第2条)国民的、民族的、人種的、宗教的な集団の全部または一部を破壊する意図をもって行われる次のような行為と定義されている(カッコ内は条約で明言されていない具体例についての通説)。

  1. 集団構成員を殺すこと
  2. 集団構成員に対して、重大な肉体的又は精神的な危害を加えること
    • (拷問、組織的レイプ、薬物その他重大な身体や精神への侵害を含む)
  3. 集団に対して故意に、全部又は一部に肉体の破壊をもたらすために意図された生活条件を課すること
    • (医療を含む生存手段や物資に対する簒奪・制限を含み、強制収容・移住・隔離などをその手段とした場合も含む)
  4. 集団内における出生を防止することを意図する措置を課すること
    • (結婚・出産・妊娠などの生殖の強制的な制限を含み、強制収容・移住・隔離などをその手段とした場合も含む)
  5. 集団の児童を、他の集団に強制的に移すこと
    • (強制のためのあらゆる手段を含む)

同条約第3条により、次の行為は集団殺害罪として処罰される。(Wikipediaより)

  1. 集団殺害(ジェノサイド)
  2. 集団殺害を犯すための共同謀議
  3. 集団殺害を犯すことの直接且つ公然の教唆
  4. 集団殺害の未遂
  5. 集団殺害の共犯

ウイグルジェノサイド認定関連報道:

記事の詳細内容については、以下の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA