0 0
Read Time:35 Second


キャメロン・フリュー
Original report on UNILAD by Cameron Frew Published 9:35, 28 May 2021 BST

報告によると、中国はウイグル人でAI感情検出ソフトウェアをテストしています

新しいレポートによると、中国はイスラム教徒に対して人工知能と顔認識ソフトウェアをテストしている。

「中国政府は、新疆(東トルキスタン)で2017年以来百万人以上のウイグル人を強制収容所し、彼らに対し、奴隷労働、生物実験、組織的なレイプ・虐待・拷問を行っている。この国は人道に対する罪を犯している」と、人権ウォッチは先日述べた。

新しいレポートによると、人間の感情を検出できるカメラ システムが現在、中国はウイグル人を実験対象にしている。

A protest against the treatment of Uighurs in London. (PA Images)

身の安全を恐れて匿名を条件に語ったソフトウェア エンジニアは、BBC のPanoramaに、これらのシステムを新疆にある警察署に設置したと語った。

彼は勤務している会社を明らかにしませんでしたが、ソフトウェアのテストに使用されたウイグル人の写真を 5 枚見せました。「中国政府は、実験室でネズミが使われるのと同じように、ウイグル人をさまざまな実験の被験者として使用しています」と彼は言った。

このシステムは、「信頼できる証拠が時の判断材料を取得する」ために構築されており、顔の表情や肌の毛穴の小さな変化を検出し、人の心理状態を円グラフで表示する。「感情検出カメラを被写体から3メートルのところに設置しました。嘘発見器に似ていますが、はるかに高度な技術です」と彼は言う。

ロンドンでのウイグル人の扱いに対する抗議。 (PA画像)

中国の警官は、「彼らを拘束椅子に座らせ…手首と足首を金属製の拘束具で固定してから実験します」。

ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国ディレクターであるソフィー・リチャードソンも証拠を提示されたが、彼女はそれを「ショッキング」だと表現した.

「人々が円グラフに縮小されているだけでなく、非常に強制的な状況にあり、大きな恐怖を受け、当然のことながら緊張していて、それはその人々の罪悪感の表れと見なされているのです。それは非常に問題があると思います」と彼女は言う.

.

駐ロンドン中国大使館は、問合せに対し、その疑わしいソフトウェアについて直接コメントしなかったが、「新疆のすべての民族の政治的、経済的、社会的権利と信教の自由は完全に保証されている。人々は民族的背景に関係なく調和して生活し、個人の自由を制限されることなく、安定した平和な生活を楽しんでいる。」と回答した。

ウイグル人は定期的に DNA サンプルを提供することを強制され、個人データを収集するアプリをダウンロードして、完全に合法的な数十種類の行動情報を収集される。例、「正面玄関ではなく裏口から出て出かけたとか、自分のものではない車にガソリンを入れていたとか」とリチャードソンは語った。

「当局は、現在人々の家のドアの外に QR コードを貼り、誰がそこに住んでいるか、誰が外から来たのかを、簡単に判るようにしています」と彼女は付け加えた。

About Post Author

ETGovExile_Japan

主に中国占領下の東トルキスタン各トルコ系人々の代表として活動中の亡命政府からの公式情報及び日本独自のブログ等を投稿します。 転送・拡散・ご支援を宜しくお願い致します。
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

By ETGovExile_Japan

主に中国占領下の東トルキスタン各トルコ系人々の代表として活動中の亡命政府からの公式情報及び日本独自のブログ等を投稿します。 転送・拡散・ご支援を宜しくお願い致します。