. . .
占領下の東トルキスタンにある中国のグラッグ群島

このページは、ETNAMの英語ページを和訳したものです。

プロジェクトについて

ETNAMと協力しているボランティア研究者は、東トルキスタン(中国が「新疆ウイグル自治区」と呼んでいる)で、主にイスラム教徒、民族的にはトルコ系人々が大量収容所に直面されている。驚くほど数の強制収容所、刑務所、奴隷労働収容所を特定しました。

2019年11月12日に、Google Earth KMZ形式のデータの最初の座標データをリリースしました。これには、182の疑われる強制収容所の完全なデータセット、いわゆる「再教育および職業訓練センター」が含まれていました。

本日、2019年11月20日、209の刑務所の疑いのあるデータの2番目の座標データをリリースします。また、この地域で破壊された墓地を特定した他の人々による研究も共有しています。

今後数週間で、疑わしい労働収容所の座標も発表する予定です。

現在までに、182の強制収容所の疑い209の刑務所の疑い74のビントゥアン労働収容所の疑いを特定しました。アジア太平洋地域のランドール・シュライバー国防長官補佐は、強制収容所に収容されている人々の数は「少なくとも百万人だが、おそらく300万人に近い」と述べた。2019年9月、中国政府は、2014年から2019年にかけて約800万人が強制収容所の「職業訓練」に送られたことを明らかにする白書を発表しました。刑務所や労働収容所も考慮すると、その数ははるかに多いと考えられます。

このデータが、私たちの祖国における中国の人権の残虐行為について、政策立案者、ジャーナリスト、研究者、教育者、そして大勢の人々に情報を提供することを心から願っています。

助けを求める:これらの施設の実際の郵送先住所を知っている場合、または施設の外観の写真やその他の情報をお持ちの場合は、こちらへご連絡ください。それをデータセットに追加します。

また、他の関心のあるサイトを特定した場合は、それらをデータセットに追加し、あなたやあなたの組織に適切にクレジットを付与します。関心のある場所には、孤児院(またはいわゆる「幼稚園」)、警察の検問所、人民武装警察施設などがあります。

このデータの使い方について

このデータにアクセスするには、デスクトップ用Google Earthの最新バージョンが必要です。Google Earthをインストールしたら、以下のデータファイルをダウンロードして開くことができます。

注:Google Earthには過去の画像があるため、Google Earthの左上にある「タイムスライダー」を使用して「過去にさかのぼり」、過去数年間で急速に建設されていたこれらの施設を確認できます。

11/12/19リリースには強制収容所が含まれています。11/20/19リリースには、刑務所と破壊された墓地が含まれています。労働収容所が近づいています。今後数週間で新しいデータがリリースされるので、頻繁チェックしてくださいデータファイルの最新バージョンがあることを確認します。刑務所と労働収容所の座標が公開されたときに通知される電子メールニュースレターにサインアップしていることを確認してください。

Google Earth 用データのダウンロード:

情報提供して頂いた研究者ショーン・チャン、博士 エイドリアンZenzネイサンRUSER(RET)、大佐ビニャーヤクBhatさん、そして国民に自分の研究に貢献してきた他の人に特別な感謝します。私たちは多くの新しいサイトを特定しましたが、私たちの研究チームは彼らの素晴らしい情報をもとに調査したものです。

あなたがこの内容を評価した場合、ご支援はこちらへお願いいたします。DONATE to ETNAM  。私たちは国の支援を受けておらず、私たちの事業を継続するために一般の人々の支援に依存しています。