東トルキスタン亡命政府首相がインドの独立記念日に祝辞

ウイグル人等により設立された東トルキスタン亡命政府の首相は、インドの第74回独立記念日(8月15日)に挨拶し、東トルキスタンにおける長年にわたる中国の占領と大量虐殺は、独立なくしては最も基本的な人権、自由、そして私たちの存続さえも保証されないことを、私たちに教えたと述べた。

亡命中の東トルキスタン政府、サリフダヤル首相が独立記念日インドを望む

東トルキスタンの領土は、新疆ウイグル自治区として中国によって管理されています。サリー・フダヤルは、家族とともに米国に亡命し、そこで政治難民となり、2019年11月11日に東トルキスタン亡命政府の首相に選出されました。彼は東トルキスタン国民覚醒運動(ETNAM)の創設者でもある。

「インドの北隣国である占領下の東トルキスタンの人々を代表して、私たちはインドとその人々の幸せな独立記念日を祝福します。多くの人々が、なぜ独立がそれほど重要なのかと尋ねることがある。独立とは、他者の支配、影響、抑圧からの自由を意味します。独立国は、自国の法律を決定でき、自由に選挙、統治、決定する権限を持っています。独立することは、国とその国民が発展し繁栄するために最も重要なことです。」東トルキスタン亡命政府(ETGE)首相サリー・フダヤル(Salih Hudayar)は言う。

ETGEが発表した声明では、独立こそが国家の自由と生存を本当に保証することができる唯一のものであると付け加えた。東トルキスタンの場合、中国の侵攻により1949年12月22日に独立を失った。過去70年間、私たちの国と国民は植民地化、中国の占領、大量虐殺の影響を受けてきた。

声明の中でETGEは、東トルキスタンにおける長年にわたる中国の占領と大量虐殺が何十年にもわたって私たちに教えてくれたのは、偉大なインドの独立指導者マハトマガンジーが述べたように、「国家の独立の達成は私たちにとって真実の探求であり」、それは私たちの生存を確保するための基本である。

サリー・フダヤルは、東トルキスタン亡命政府のメンバーになって以来、民主主義、政治的独立を擁護し続けている。彼はまた、ウイグル族及び東トルキスタン人のディアスポラの間での中国の占領に対する非暴力的抵抗の促進にも積極的に取り組んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA