米国はウイグル人ムスリムへの弾圧に中国への懸念を強化

India Narrative

Updated August 10, 2020 15:00 IST 

米国国務長官のマイケルポンピオは、自国の市民に対する継続的な人権侵害について中国共産党を非難するよう世界中の国々に要請しました。

アメリカ国務長官マイク・ポンペオのファイル写真 - INビューロー

ウイグル人権政策法が制定されてから数週間後、米国は新疆生産建設軍団(XPC​​C)に中国の残忍な植民地化のキャンペーンと少数民族のジェノサイドにおける役割について制裁を課しました。

東トルキスタン亡命政府(ETGE)は米国の決定を歓迎し、「中国の植民地化と虐殺の残忍なキャンペーンにおけるその役割でも知られているXPCCを認可した米国財務省を称賛します。」ETGEは声明のなかで、米国はXPCCの元党書記であるSun Jinlong、およびXPCCの副書記で司令官であるPeng Jiaruiも制裁対象にしたと述べた。

以前、米国国務長官のマイケルポンピオは、新疆ウイグル自治区のウイグル人コミュニティでの深刻な人権侵害との関係でXPCCとその2人及び当局に制裁が課したと発表していた。米国財務省によって課された制裁の後、彼は世界中の国々に中国共産党(CCP)に対する自国の市民に対する継続的な人権侵害を非難するよう要請しました。

2017年以来、XPCCは、中国の強制収容所にいる300万人を超えるウイグル人、カザフ人、キルギス人、およびその他のトルコ系人々の大量収容に決定的な役割を果たしてきました。彼らは強制労働、生物測定データの抽出、殺菌を含む強制的な人口管理、東トルキスタン全体にわたる広範囲にわたる監視を受けてきました。

東トルキスタン亡命政府によれば、XPCCは、占領下の東トルキスタン全体で少なくとも74の強制収容所を運営しており、ウイグル人や他のトルコ系人々が奴隷労働として使用されている。

「米国政府によるXPCCの制裁は、中国の植民地化と東トルキスタンの占領において最も直接的な役割を果たしてきただけでなく、何十年にもわたって東トルキスタンの人々のジェノサイドを促進してきた中国の実体に直接責任を負わせようとするため、非常に重要です。」とETGEは言う。「東トルキスタンとその民族に対する大量虐殺の責任を中国に負わせるために積極的に取り組んだ米国政府とトランプ政権に感謝します。」

7月11日、ドナルドトランプ米国大統領は、グロテスクな人権侵害について中国に責任を負わせるウイグル人権政策法に署名しました。

最近選出された東トルキスタン亡命政府のサリーフダヤル首相は、「ウイグル法に署名してくれたドナルドトランプ大統領に感謝します。これが東トルキスタンでの中国の占領と抑圧を終わらせるための最初の一歩になることを願っています。」

今日は東トルキスタンとその人々、特にウイグル人にとって本当に歴史的な日だと彼は付け加えた。「私たちは自由世界の他の国々、特にEU、インド、日本、オーストラリア、トルコなどに、ウイグル族や東トルキスタンの他のトルコ系人々を保護するため、同様の法律を実施するよう要請します。」

ETGEは、東トルキスタン/ウイグルの抑圧について世界各国がほとんど沈黙している時期に、米国政府がこの法案を可決させてことは、他の国もそれを追随し、同様の法案を可決させ、中国のウイグル人および他のトルコ系人々に対する迫害を阻止することを期待しました。

エイド祭りの機会に、フダヤルはイスラム国家に中国の抑圧に対する沈黙を破り、新疆の人々が何十年にもわたる占領とCCPによる大量虐殺との闘いを支援することを求めた。彼は世界中のイスラム教徒に対し、東トルキスタンでの中国の数十年にわたる占領と大量虐殺に反対するよう要請した。

中国政府による弾圧について詳しく述べたフダヤル氏は、モスクやその他の宗教施設が破壊されたと述べた。「コーランと他のイスラム教文書は焼かれました。50万人を超える東トルキスタンの子供たちが無理に家族から引き離され、国営の孤児院に送られ、無神論の中国市民として育てられています。「東トルキスタンの女性​​は不妊治療を受けています。イスラム教徒は豚肉を食べ、アルコールを飲むことを余儀なくされています。東トルキスタンのイスラム教徒の臓器は、ハラール臓器として世界中のイスラム教徒に販売されています。」

中央アジアからのチュルク語圏の少数民族であるウイグル人は、漢民族からの明確に違う民族グループであり、ウルムチは北京よりカブールに近い。2009年、最も悪名高い暴動が新疆ウイグル自治区ウルムチの街路で勃発し、ウイグル人イスラム教徒を漢民族と対決させました。2009年のウルムチ暴動の後、中国共産党は全地域を厳しく管理された野外刑務所に変えてしまいました。

東トルキスタン(新疆とも呼ばれます)亡命政府(ETGE)は、ウイグル人、カザフ人、および他の地域の部族で構成され、中国の統治から解放されるまで、この地域を代表する唯一の機関であると主張しています。2004年9月14日の米国ワシントンでの発足以来、中国共産党は、これに強く反対しています。

東トルキスタンの領土は、新疆ウイグル自治区として中国によって管理されています。ETGEは、東トルキスタンは独立の長い歴史を持つ独特な国であると考えていて、中国による違法な軍事占領と呼んでいます。中国の立場は、1949年の新疆の中国国家への統合は「平和的解放」であったというものです。