陳全国を制裁へ

中国:新疆で稼働する大規模な監視システム

ヒューマンライツウオッチ-2019/05/02関係国は、陳全国・中国共産党新疆ウイグル自治区委員会書記をはじめ、「撲滅作戦」での人権侵害行為に関わる政府高官に対し、米国グローバル・マグニツキー法などを用いて、ビザ発給停止や資産凍結などの対象限定型制裁を科すべきで …

欧米の対中政策、今は団結モード(The Economist)

日本経済新聞-2019/04/22西側15カ国の駐中国大使は昨年、異例にもカナダによる主導で、新疆ウイグル自治区の共産党トップを務める強硬派の陳全国書記に会談を求める書簡を送った。 このことは、中国政府が欧州各国の駐中国大使に新疆を視察するよう半ば強制 …

「衝突」象徴する希望の星-中国の強権統治「輸出」に欧米は警戒感

ブルームバーグ-2018/09/30中国が独裁支配の新しいモデルケースを試すため新疆ウイグル自治区を利用しており、そうした統治方法を周辺地域に輸出するのではないかとの懸念が欧米の各国政府に広がる中で、陳氏の昇進は単なる個人的な出世物語にとどまらない。

中国のウイグル締め付け急先鋒、影響力が拡大

【アメリカを読む】中国ウイグル族「再教育」に米国の関心急上昇 ウイグル …

産経ニュース-2018/09/12第一の標的は習氏に忠実な陳全国・新疆ウイグル自治区党委書記だ。米メディアによると、陳氏は2016年に就任して以来、自治区のトップとして「再教育収容所」の整備や、ハイテク設備を使った住民監視システムの構築に当たったとされる。

中国政府がウイグル自治区で進める「監視社会」:その理由と歴史的起源とは

The HEADLINE-2018/10/16こうした動きは、2016年に陳全国が党委書記に就任した際や、その前任である張春賢が2014年に「人民戦争」を宣言したことで、より加速された。しかし、現在の安全保障措置のなかには今までにない性質や適用範囲のものがある一方で、 …

米議員が超党派で法案提出、中国にウイグル問題の説明求める

CNN.co.jp-2018/11/15メネンデス氏は「大統領は明確で一環した中国政策を採用する必要がある。100万人のイスラム教徒が強権体制によって不当に拘束され、労働施設に強制収容される状況に目をつむるべきではない」とした。 また国務省に対しては、陳全国・ …

中国、ウイグル族巡る米制裁には「相応の」措置で報復へ=駐米大使

ロイター-2018/11/27ワシントン 27日 ロイター] – 中国の崔天凱・駐米大使は27日、ロイターとのインタビューで、米政府が人権侵害を理由に中国の新疆ウイグル自治区トップを制裁対象に指定した場合、「相応の」報復措置を講じる構えだと表明した。 崔大使は、同 …