ご声援・ご支援は

中国国家主席習近平を含む複数の中国高官を国際犯罪裁判所で告訴

  • 弁護士は、ICCの検察庁(OTP)に告訴状を提出し、ウイグル人および他のトルコ系人々に対して犯したとされるウイグル人虐殺および人道的犯罪行為について中国高官に対して調査を開始するよう求めた。
  • 告訴状は、東トルキスタン亡命政府 (ETGE)東トルキスタン国民覚醒運動 (ETNAM)を代理して弁護士によって提出された。
  • 中国はローマ条約の署名国ではないが、犯罪行為の一部はローマ条約の署名国、タジキスタンとカンボジアの領土内で発生したため、これは国際犯罪裁判所の管轄下にある。

ご声援メッセージ等は、次のSNSへ宜しくお願い致します。

告訴状は、ICCに受領されましたが、結論が出るまでの期間中には、皆様の応援と支持が必要です。

東トルキスタン亡命政府のICCケース専用募金ウェブサイト

ご協力頂ける方は、下記イメージをクリックし、募金を宜しくお願い致します。

募金活動の進捗状況を確認するには、ここをクリックして下さい。

直接送金が不便の方は、東トルキスタン亡命政府の日本オフィスのPayPalアカウント(https://www.paypal.me/jpnetge)へ宜しくお願い致します。または、ETGovExileJpn@icloud.com へご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA